コーヒーで脂肪燃焼!

コーヒーで脂肪燃焼

コーヒーには脂肪を燃焼する効果がある!って最近よく耳にしますがどうやって燃焼してるのか?
今回はコーヒーが脂肪を燃焼するメカニズムについて少し紹介していきたいと思います。

コーヒーの原料となるのはコーヒー豆です。
大豆をはじめ多くの豆類は現代人にとっていろいろといいことずくめな食べ物なんです。
コーヒー豆に含まれる脂肪燃焼成分、それはみなさんご存知のカフェインです。
カフェインには脂肪分解酵素のリパーゼという物質を活性化させる作用があり、リパーゼが活動的になることで体が蓄積されている脂肪をエネルギーとして使うようになり脂肪を燃焼します。
コーヒーを飲んで上手に脂肪燃焼するには少しコツが必要になります。

①できる限りホットのブラックで飲むのが燃焼効果を高めます。
②1日3杯までにする。
③運動前か食後に飲む

このコツはすべて科学的根拠があり、コーヒーに砂糖やミルクを入れてしまうと無駄なカロリーを摂取してしまうことになりますし、飲みすぎると胃腸に負荷がかかり気持ち悪くなります。
また、運動前に飲むと脂肪燃焼に運動という相乗効果が加わり効率よく脂肪を燃焼させることができるのです。

このようにただの嗜好品としてだけでなく健康やダイエットに効果があるコーヒーを是非試してみてください。

コメントをどうぞ

ページトップへ