体脂肪を燃焼させる食事法

よくダイエットのために食事量を減らして方がいらっしゃいますが、これでは必要な栄養素を摂取できず健康に悪影響を及ぼしてしまいます。
食事にも食べる順番や食材を普段と変えるだけで、栄養素が体にうまく吸収され太りにくい体を作ることが可能です。
例えば有名な低炭水化物ダイエットやアミノ酸ダイエットなどがその方法に当てはまります。
どちらのダイエット法もそれぞれの魅力がありますが、今回は脂肪の燃焼しやすい体質を作るための基礎作りの方法をご紹介します。

①食事内容をチェックする
まず食事の内容ですが主食、主菜、副菜、汁物の4種類を必ず食べましょう。
品数が少ないと食べすぎを招くほか、摂取できる栄養素の数も限られているため、人間が生命活動をする上で必要な栄養素が吸収できない可能性が高い。

②食事の時間帯を守る
次に1日3回の食事の時間帯を守って食事をしてください。
時間が不規則になってしまうと体が本能的に反応して脂肪を蓄積しやすい体質に変えていってしまいます。

③正しい食べ方をする
早食いやながら食いはついつい食事量が増えてしまう食事法です。
キチンと一口を100回咀嚼するようにしましょう。
咀嚼をすると脳の満腹中枢が刺激されて食事量が抑えられます。
また、消化もスムーズに行えるため、消化器官への負担も軽減できます。

コメントをどうぞ

ページトップへ